スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - |
| - | pookmark |

紅葉。

NEC_0766.jpg
甍とのコントラストが素敵。

| 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

大雲院からの景色。

image.jpg
京都の空、広し。

| 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

今宵の高浜は漁火想!

NEC_0643.jpg

という、夏の一大イベントがありまして、それを外部アドバイザーチームの一員として、視察にまいりました!

今朝はスロージョグしながら、朝の海を満喫。

遠くに見える青葉山が、美しいです。


| 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

まだもう少し、祭は続く。

 7月の京都は本当にいたるところで、
お囃子の音が聞こえます。

昨日も、四条寺町にさしかかったところで、
急にお囃子の音が、、、






偶然居合わせた人も、
待ち構えていた人も。






長刀鉾の浴衣は1人でいるとかなり目立ちますが、
こうして見ると、なんだか落ち着いて見えるような。






もうすぐ、8月。
京都の酷暑が近づいてきました。





| 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

祇園祭 '09 を振り返る。

 今年はなんだか、おかげさまで楽しい祭となりました。




鉾を維持するにも、
尋常ならざる資金が必要です。






そのクオリティの仕事を維持するためには、
時間がとても掛かります。






長年使い込まれた鉾には、
それぞれ部位を示す番号なんかがふられています。






鉾を動かし、辻を回すためには、
大きな力が必要です。





お稚児さんや禿さんには、
お母さんがいます。






鉾を保管するには、
大きな蔵も必要です。






どこから来て、
どこへ行くのか。






来年もまた、
お囃子に耳を傾け、
屏風に目を見張り、






鉾を見送る。






この子供達が、そのまた子供を連れてくる時にも楽しめるよう、
また、遺すための1年がはじまります。






今日の京都は夕立です。

街に残された、飲み食いの残骸を、
こうして洗い流していくのかもしれません。


まだ少し祭は続きますが、
また来年は違う楽しみ方ができればと思います。


この祭に関わるすべての皆様、
毎年、お疲れ様です。

| 17:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

鉾は意外に速く進む。

image.jpg
なかなか、速いです。

おろしたての下駄での歩速と、いい勝負です!

| 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

祇園祭 まもなく巡行です〜

image.jpg
明け方の雨のせいでとにかく暑い!

| 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

祇園ナイツ!

京都はもう、すごい人だかりです。
半端ないっす!


 



大学入学以後、祇園祭を味わうのは3回目ぐらい。
実は縁が遠かったのですが、今年は満喫です。






屏風で有名なお屋敷の中にあげて頂いたりもして、、、

今までの自分の環境ではそうそう味わえなかったことが、
いつしか身近なものになりました。

本当に、人とのつながりに感謝、感謝ですね。






街が丸ごと、祭ムードに染まるというのは、
本当に、すごいことです。

なんだか、この年になって、
そのすごさが身にしみてきました。

明日はいよいよ山鉾巡行です。


| 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

祇園祭 長刀鉾にあがりまする。

NEC_0573.jpg
薙刀鋒と北観音山に特別にあがらせて頂いてきます!

ド暑いですが、雲行きあやしい!!

またしても、雨か!?

| 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

白砂青松。

東京から京都!を越えて、
若狭高浜へ。

今日は人生二度目、
今月二度目の高浜入りです。

東舞鶴から車で高浜に入った後、
今回は、カメラマンのロケハンも兼ねていたので、
青葉山へと浜を一望できる安土山でパワーランチ。






町役場の方の案内を受けながら、
各々浜を激写。






本日は晴れてはいるものの、
靄がかったような空模様で少し消化不良な感じ。






高浜での食事は、
なんともボリューミーで、食べきるのが意外に大変です。


前回訪れた時は、
かなりの晴天!!






明日の朝は、この浜をキレイにしよう!と、
高浜の町に、この浜から誇りを取り戻そう!と、
地元の勇士、いや有志の皆さんと浜拾い。






いろんなものが浜には漂流し、
ほっておけば滞留してしまいます。

白砂青松を謳う、
浜の悲痛な叫びが聞こえるようです。


「 プリーズ! ヘルプ・ミー!! 」




| 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |






Profile




Link
New Entries
Category
Recommend
Recommend
Recommend
Katachi: The Essence of Japanese Design
Katachi: The Essence of Japanese Design (JUGEMレビュー »)
Takeji Iwamiya
ユルユルになった日本人に、日本のもつ「カタチ」に輪郭を与えてくれる一冊。中古でも見つければ即購入を!
Recommend
EMI WADA WORKS
EMI WADA WORKS (JUGEMレビュー »)

※映画「利休」の衣装をメインとする作品集。その仕事のスケールに圧倒されます。
Recent Comments
Archives
qrcode