スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - |
| - | pookmark |

#010 - 宇治十帖

  voice of KYOTO 独自インタビュー企画

voice -inside- vol.4 くずし割烹 枝魯枝魯 枝國栄一




枝魯枝魯編 | #010 - 宇治の十条 


そんな松本だが、
ゆくゆくはハワイに店を持ちたいと言う。

あまりにも意外過ぎて、
ハワイに立つ松本の姿は想像が難しい。

というより、
今の松本の姿は、花板にあって精悍だ。


一方の枝國であるが、
ここまで京都京都と話をしてきたものの、
実は宇治の出身である。


「枝さんは自分のホームは、宇治。
 京都とは違うと思ってるよ。」


飲んでもまったく酔う気配のない彼女が、
そう口にした。

枝國の中には割烹での下積み時代から、
「京都」という伝統や街に対し、
思うところは多々あったのだろう。


少し距離を置いて、考えてみる。

枝國を京都の板前という前提で取材をしてきたが、
もしかすると、「京都」や「京都の」という言葉を聞く度、
引っかかるものを感じていたのかもしれない。


「京都だから人が立ち寄った?」

「京都だから話題になった?」

「京都だから人が集まった?」

「京都だから成功した?」


自分のアイデンティティを「京都ではない」とするならば、
そんな「京都」への反発があったのかもしれない。


くしくも今年 2008年は源氏物語の千年紀だ。


その源氏物語、
物語の最後は宇治を舞台に繰り広げられる。

まだ Paris 店を立ち上げたばかりの枝魯枝魯ではあるが、
もし、今「次はどこか?」と枝國に尋ねたならば、

ひょっとすると、
「宇治」と答えるのかも知れない。


平等院鳳凰堂を背に、
料理をふるう枝國の姿を想像してみる。


西木屋町を後にした、
また少し、大人になった僕達を優雅にもてなす、
そんな姿が浮かんでは消えていった。



=================================

voice -inside- vol.4  fin.

[ 枝魯枝魯 枝國栄一さんへのインタビュー記事 ]

| 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト


| 08:00 | - | - |
| - | pookmark |

Comment









Trackback





Profile




Link
New Entries
Category
Recommend
Recommend
Recommend
Katachi: The Essence of Japanese Design
Katachi: The Essence of Japanese Design (JUGEMレビュー »)
Takeji Iwamiya
ユルユルになった日本人に、日本のもつ「カタチ」に輪郭を与えてくれる一冊。中古でも見つければ即購入を!
Recommend
EMI WADA WORKS
EMI WADA WORKS (JUGEMレビュー »)

※映画「利休」の衣装をメインとする作品集。その仕事のスケールに圧倒されます。
Recent Comments
Archives
qrcode