スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - |
| - | pookmark |

100回記念、京都は夏盛り。

voice of KYOTO 編集長の宮下です。

長い、一日でした。
そして、京都を再び味わう一日となりました。

今日の一撮にするつもりでしたが、
何枚かアップします!

京都 吉田山荘

吉田山荘のとっておきの一室にて。


京都 吉田山荘 真古館

同じく、吉田山荘の真古館にて。


四条 木屋町 きた村

2度目の床、もち料理で名高いきた村にて。


夕立の激しかった京都は、
それもまた夏の風情であり、

雨上がりの吉田山


夜風の心地よき鴨川の床は、
時に女将との語らいの場であり。

きた村の床にて


そんな京都を感じることで、
弾む会話もあるわけで。


気がつけば、編集日記は100回目。
これからも、一歩ずつ。

| 02:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト


| 02:58 | - | - |
| - | pookmark |

Comment









Trackback





Profile




Link
New Entries
Category
Recommend
Recommend
Recommend
Katachi: The Essence of Japanese Design
Katachi: The Essence of Japanese Design (JUGEMレビュー »)
Takeji Iwamiya
ユルユルになった日本人に、日本のもつ「カタチ」に輪郭を与えてくれる一冊。中古でも見つければ即購入を!
Recommend
EMI WADA WORKS
EMI WADA WORKS (JUGEMレビュー »)

※映画「利休」の衣装をメインとする作品集。その仕事のスケールに圧倒されます。
Recent Comments
Archives
qrcode