スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - |
| - | pookmark |

先祖は一等地に永眠する!?

voice of KYOTO 編集長の宮下です。

先日、慌ただしい京都滞在の合間を縫って、
先祖のお墓参りに行って参りました。


黒谷さんへの道すがら



先祖供養はとても大事、
心が洗われるような気持ちになりますよね。



いつも先祖の眠るとある場所に行くわけですが、
ここからの景色が絶景なのです。





夕焼けとか、とてもキレイで、
ずっと眺めていたくなります。
もちろん、恐がりなのでしないですが。。。


昔から京都の街では、
先祖はもっとも景観のいい場所にお眠りになることが多いとか何とか。

こんなところに足を運べることに喜びを感じつつ。

先祖が静かに、安らかに眠り続けることができるよう、
今の世が平和であるようにと、自分ができることをがんばるのみです。





| 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト


| 01:06 | - | - |
| - | pookmark |

Comment









Trackback





Profile




Link
New Entries
Category
Recommend
Recommend
Recommend
Katachi: The Essence of Japanese Design
Katachi: The Essence of Japanese Design (JUGEMレビュー »)
Takeji Iwamiya
ユルユルになった日本人に、日本のもつ「カタチ」に輪郭を与えてくれる一冊。中古でも見つければ即購入を!
Recommend
EMI WADA WORKS
EMI WADA WORKS (JUGEMレビュー »)

※映画「利休」の衣装をメインとする作品集。その仕事のスケールに圧倒されます。
Recent Comments
Archives
qrcode