スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - |
| - | pookmark |

京都南蛮事変 着物作品紹介



狩野派の描く金の襖絵をバックに、
unpluggedの若手染色作家の作品をディスプレイ!

本尊を挟むように、
両脇の部屋に飾られた作品は壮観です。


| 21:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト


| 21:13 | - | - |
| - | pookmark |

Comment
川辺さんいつもありがとうございます!
そうなんです、大きな反省点の一つとしてあります。
このレポートを通じて”色”をお楽しみ頂ければ幸いです♪ いろいろな仕掛けを施した今回の企画、まだレポートは続きますので、お付き合い下さいませ!
Posted by: 宮下直樹 |at: 2010/11/10 9:57 AM
こんにちは!
いつも楽しみに拝見させていただいております。
さて、南蛮事変でのお着物の展示についてなのですが。。
私がお邪魔した日は大雨でかなり暗い一日でした。お着物の“色”がわかりづらく、残念な思いをしました。特に“ケモノデ”の配色は私が普段接する茶席の着物とは違い、私にとってはとても斬新な色の組み合わせで、もっとよく“色”を見てみたかったなと残念に思っています。
お寺での展示なので、色々と難しいのでしょうね……。

Posted by: 禅文化 川辺 |at: 2010/11/10 9:49 AM









Trackback





Profile




Link
New Entries
Category
Recommend
Recommend
Recommend
Katachi: The Essence of Japanese Design
Katachi: The Essence of Japanese Design (JUGEMレビュー »)
Takeji Iwamiya
ユルユルになった日本人に、日本のもつ「カタチ」に輪郭を与えてくれる一冊。中古でも見つければ即購入を!
Recommend
EMI WADA WORKS
EMI WADA WORKS (JUGEMレビュー »)

※映画「利休」の衣装をメインとする作品集。その仕事のスケールに圧倒されます。
Recent Comments
Archives
qrcode